担当医師

山本可菜子理事長総院長|神戸市中央区元町の美容皮膚科 山本可菜子皮フ科クリニック

 

 

 

 

山本可菜子理事長総院長からのご挨拶

当院ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。 私は1994年頃から美容皮膚科、レーザー治療に携わってまいりました。

私自身、中学生の頃より、ひどいニキビ、ニキビ跡、赤ら顔、重症の慢性蕁麻疹などに悩まされ、皮膚科医を志しました。当時はパソコンやインターネットもなく、ニキビは青春のシンボルとも言われ、ニキビで皮膚科を受診するということも知りませんでした。そのため雑誌や広告に載っているものを手当たり次第あらゆるものを試しましたが一向にお肌は改善しません。 どうしてこんなに次々とニキビができるのだろうと、真っ赤な顔を見ては憂鬱になり、 一日10回以上洗顔し、お肌を痛めていました。何をやっても一向によくならず、随分長い間悩みました。そのうち年齢とともにニキビはほとんどできなくなりましたが 残念ながらお顔にニキビ跡が残ってしまいました。
その後皮膚科医になり、当時は美容皮膚科という分野も一般的ではありませんでしたが、海外の学会に出向き、ニキビやニキビ跡、あざやしみ、しわなどが治療によって改善することを学びました。

当院で行っている治療は私がすべて試し、また今も自分に必要な治療法ばかりです。 もちろん導入する前の段階で自分のお肌で試すのですが、 期待する効果が出なかったり、症状がかえって悪化してしまったりと導入を断念した治療もいくつかあります。

また当院が美容的な治療以外に特に力を入れているのが、赤あざや青あざなどの先天的なあざの治療、太田母斑などの治療です。私自身これらの治療に長年携わってきた経験から皆様のお悩みに取り組んでおります。

これまでの自分自身の悩みや経験を生かし、来院していただく患者さまのお悩みを真摯に受け止め、出来る限りのお力になりたいと日々願って努力いたしております。 どうぞ皆様お気軽にご来院ください。

山本可菜子理事長総院長|神戸市中央区元町の美容皮膚科 山本可菜子皮フ科クリニック

山本可菜子理事長総院長からのご挨拶

 

当院ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。 私は1994年頃から美容皮膚科、レーザー治療に携わってまいりました。
私自身、中学生の頃より、ひどいニキビ、ニキビ跡、赤ら顔、重症の慢性蕁麻疹などに悩まされ、皮膚科医を志しました。当時はパソコンやインターネットもなく、ニキビは青春のシンボルとも言われ、ニキビで皮膚科を受診するということも知りませんでした。そのため雑誌や広告に載っているものを手当たり次第あらゆるものを試しましたが一向にお肌は改善しません。 どうしてこんなに次々とニキビができるのだろうと、真っ赤な顔を見ては憂鬱になり、 一日10回以上洗顔し、お肌を痛めていました。何をやっても一向によくならず、随分長い間悩みました。そのうち年齢とともにニキビはほとんどできなくなりましたが 残念ながらお顔にニキビ跡が残ってしまいました。
その後皮膚科医になり、当時は美容皮膚科という分野も一般的ではありませんでしたが、海外の学会に出向き、ニキビやニキビ跡、あざやしみ、しわなどが治療によって改善することを学びました。
当院で行っている治療は私がすべて試し、また今も自分に必要な治療法ばかりです。 もちろん導入する前の段階で自分のお肌で試すのですが、 期待する効果が出なかったり、症状がかえって悪化してしまったりと導入を断念した治療もいくつかあります。
また当院が美容的な治療以外に特に力を入れているのが、赤あざや青あざなどの先天的なあざの治療、太田母斑などの治療です。私自身これらの治療に長年携わってきた経験から皆様のお悩みに取り組んでおります。
これまでの自分自身の悩みや経験を生かし、来院していただく患者さまのお悩みを真摯に受け止め、出来る限りのお力になりたいと日々願って努力いたしております。 どうぞ皆様お気軽にご来院ください。

山本可菜子 理事長総院長
Kanako Yamamoto

日本皮膚科学会正会員
米国レーザー医学会正会員 (American Society for Laser Medicine and Surgery Inc.)
日本美容皮膚科学会正会員
日本抗加齢医学会会員

<経歴>
1991年 兵庫医科大学卒業
1991年 兵庫医科大学皮膚科学教室入局、同付属病院研修医 医局関連病院勤務 兵庫医科大学皮膚科医員
1994年~2000年 城北病院(京都市)にて美容皮膚科、皮膚科、レーザー治療に携わる。
2000年~2003年 鈴木形成外科(京都市)勤務
2003年 山本可菜子皮フ科クリニック開院
2007年 医療法人社団爽永会 理事長就任

横路 健 皮膚科医長
Ken Yokoro

横路 健 皮膚科医長

日本皮膚科学会正会員
広島大学医学博士
日本美容外科学会会員
日本皮膚悪性腫瘍学会会員

<経歴>
1993年長崎大学医学部卒業

1993年~1998年:広島大学大学院医学研究科皮膚科学及び広島大学原爆放射能医学研究所分子病理学研究部門(現広島大学放射線医学研究所)で、沼本通孝先生のもとでmast cell(肥満細胞)転写制御因子c-myc遺伝子の基礎研究に従事

1994年~1998年:JA尾道総合病院皮膚科で、当時皮膚科主任部長の岡野伸二先生のもとで形成外科修練、同部長の秀道広先生(現広島大学医学部皮膚科教授)のもとで蕁麻疹などアレルギー性疾患の研修

1998年~2008年:福山市特定医療法人紅十字会総合病院三愛(現福山中央病院)皮膚科・美容皮膚科勤務を経て、同医長。

2008年~:山本可菜子皮フ科クリニック東加古川院皮膚科部長として現在に至る

山本 微香
Mika Yamamoto

山本 微香医師

日本皮膚科学会専門医
日本皮膚科学会正会員
日本美容皮膚科学会正会員

<経歴>
1999年 三重大学医学部医学科卒業

1999年より 三重大学医学部付属病院皮膚科、伊勢日赤病院皮膚科、兵庫医科大学付属病院皮膚科勤務などを経て現在に至る


* 医師になろうと思ったきっかけ
小さい頃からよく湿疹ができ、その度に皮膚科に通院しており、治したいなと思ったのが、きっかけです。

* 診療に充実を感じるところ
患者様に個人差があり、治療をいろいろ工夫することで結果が出るところです。

* 美容医療への取り組みについて心がけていること
それぞれの患者様のご希望にできるだけそうように心がけています。

* 特異な診療分野、治療
東加古川院では小さなお子様を多く診療させて頂いています。

* 皮膚科診療で大事なこと
患者様の訴えをよく聞くことと、皮疹をしっかりみることだと思います。

* 余暇の過ごし方、趣味、特技
余暇はほとんど子供と遊びに出かけてます。

* 美容について日々心がけていること
日焼け予防と、しっかり睡眠をとること。無農薬野菜を取ることを心がけています。

北川 敬之
Hiroshi Kitagawa

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
三重大学医学博士
がん治療認定医
日本皮膚科学会
日本形成外科学会
日本悪性腫瘍学会
日本アレルギー学会
日本レーザー医学会

<経歴>
2001年 高知医科大学医学部医学科卒業

2003年 三重大学医学部附属病院皮膚科入局、山田赤十字病院皮膚科勤務後三重大学大学院医学系研究科皮膚科学講座入学、博士号取得。

2013年 神戸大学医学部附属病院形成外科入局、現在に至る。

皮膚科研修中はアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性ざ瘡などを専門にしていました。現在、形成外科研修中で皮膚外科を専門としております。よろしくお願いいたします。

 

医療法人社団爽永会
山本可菜子皮フ科クリニック 東加古川院

〒675-0101
兵庫県加古川市平岡町新在家1丁目260-12 ハマダビル1F
TEL:079-424-0127 FAX:079-424-0147

Copyright© 2017 Kanako Yamamoto Laser and Cosmetic Dermatology Clinic All Rights Reserved.