赤あざ・茶あざ・青あざ

治療方法・説明

<赤あざ>

単純性血管腫、乳児血管腫、毛細血管拡張症、苺状血管腫、赤ら顔などには皮膚の毛細血管に選択的に吸収される波長を用いた色素レーザー(ダイレーザー)による治療が有効的です。

当院では米国CANDELA社製のVbeamⅡレーザーを使用しております。VbeamⅡレーザーは、波長595nmのロングパルスダイレーザーで、従来のVbeamよりも大口径で且つ高出力でのレーザー照射が可能となり、スピーディーで安全にレーザー照射を行うことができます。

波長595nmのレーザー光は、血液中のヘモグロビンに選択的に吸収される特徴を持ち、毛細血管が凝集した部位ではヘモグロビンがレーザーの光エネルギーを吸収し熱変換することで血管内壁が熱破壊されて血管を閉塞させる効果があります。

またVbeamⅡは照射時間が調節可能になり、毛細血管の血管径に応じた照射時間を設定することができ、パルス幅の微調整も細かくできることで、さらに紫斑形成などの副作用を抑えた安全な治療が可能です。

治療翌日からのメークも可能で、赤あざ治療には保険が適応されます。

またVbeamⅡはお肌のリジュビネーション、ニキビ跡改善などの治療にも効果を発揮します。

 

▼ Vbeam2レーザーによる赤あざ治療症例

     
成人治療前   成人治療後   乳幼児治療前   乳幼児治療後
成人治療前 成人治療後 乳幼児治療前 乳幼児治療後

<青あざ>

青あざには太田母斑(お顔にできる青いあざ)、異所性蒙古斑(臀部以外の背中や、四肢にできる蒙古斑)、残存性蒙古斑(通常は小児期に自然に消体するものが成人になっても臀部に残っている蒙古斑)、伊藤母斑(生後直後より肩から上腕にかけてできる青あざ)などがあります。これら青あざはQスイッチレーザー(ルビー及びYag)の照射により傷跡を残すことなく治療することが可能です。現在のレーザー治療技術ではほぼ完全にあざを消すことが可能です。


<茶あざ>

茶あざ(扁平母斑・ベッカー母斑)は、生後直後もしくは思春期頃から出現しますが、赤あざ・青あざに比べて治療後の再発率の高いあざです。Qスイッチレーザーやノーマルモードのルビーレーザーなどを組み合わせ治療します。再発の可能性には個人差があります。

 

*V-beamレーザーは元町院のみでお受け頂けます

料金表

(価格は全て税抜き表示です)

治療法 照射面積 自己負担額
赤あざ(保険適用) 10c㎡以内 ・・・・・・・ 7,000円程度
20c㎡以内 ・・・・・・・ 8,000円程度
40c㎡以内 ・・・・・・・ 11,000円程度
青・茶あざ 4c㎡以内 ・・・・・・・・ 6,000円程度
4~16c㎡以内 ・・・・ 7,000円程度

 

 

料金表

当院ではあざ治療に対して有効なレーザー機器(QスイッチYagQスイッチルビー、ノーマルモードルビー、VbeamⅡレーザーなど)を多数配備しております。

あざの治療には、その症状、治療過程において最適なレーザーの種類を選択し治療効果を高めていく必要性があります。

 

医療法人社団爽永会
山本可菜子皮フ科クリニック 東加古川院

〒675-0101
兵庫県加古川市平岡町新在家1丁目260-12 ハマダビル1F
TEL:079-424-0127 FAX:079-424-0147

Copyright© 2017 Kanako Yamamoto Laser and Cosmetic Dermatology Clinic All Rights Reserved.