手術説明

できもの、脂肪のかたまりなど

皮膚を触ってみて何かしらコリコリしたものやぶよぶよしたものがあると、どうしても気になるものです。まれに皮膚に吸収されていつの間にか消えることがありますが、ほとんどのものは手術して取り除くしかありません。できものはほとんどが良性ですが、なかにはまれに悪性のものがあり、その場合は組織検査をして判断いたします。手術は局所麻酔(浸潤麻酔あるいは伝達麻酔)で行います。時間は大体40分から1時間で終わります。良性の場合再発することはほとんどないので1回ですみます。大きなものは2、3回に分けて手術することがあります。

 

巻き爪、陥入爪

巻き爪は、不適切な爪切りやハイヒールをずっと履いていることなどによって生じることが多く、爪切り指導や生活指導で改善の方向に持っていきます。中には難治性のものがあり、その場合はフェノール法で半永久的に治療致します。フェノール法は、爪が生える元になる爪母組織をフェノールの化学的腐蝕により除去します。この場合は伝達麻酔で行います。切除や麻酔が苦手な方は、ワイヤー法で修正することが可能です。ワイヤー法は、形状記憶合金を用いた特殊な針金(ワイヤー)を、食い込んでいる爪の両端に当てて接着剤で固定します。痛みもなく徐々に改善してきます。

 

ヤケド、ヤケドのあと

ヤケドは日常生活でどんなに注意しても突発的に起こります。コテをおでこに当ててヤケドしたり、カイロや電気毛布をずっと当てていつの間にか低温ヤケドになってしまいます。自己流で治そうとしてかえって深いヤケドになることもあります。当院ではbFGF(線維芽細胞増殖因子)であるフィブラストスプレー、又はハイドロゲル創傷被覆材であるデュオアクティブを用いた湿潤療法により治療していきます。またヤケドのあとについてもイオン導入などで薄くしていきます。

医療法人社団爽永会
山本可菜子皮フ科クリニック 東加古川院

〒675-0101
兵庫県加古川市平岡町新在家1丁目260-12 ハマダビル1F
TEL:079-424-0127 FAX:079-424-0147

Copyright© 2017 Kanako Yamamoto Laser and Cosmetic Dermatology Clinic All Rights Reserved.