レーザートーニング

治療方法・説明

【レーザートーニングとは】

レーザートーニングは、Qスイッチヤグレーザーを使用、レーザー光をトップハット型のハンドピースから照射して均一にレーザー光が皮膚に働きかけ、美白、 皮膚のアンチエイジング(しわ、たるみ)、毛穴縮小などを目的とする治療です。当院では、このレーザートーニングに、米国Hoya Conbio社製の最先端Qスイッチヤグレーザー、MedLite C3を使用しておりますので安定した治療効果が期待できます。

レーザートーニングの治療では、レーザー光を皮膚全体にマイルドなパワーで照射し、メラニンに働きかけ、しみ、ソバカス、色素沈着などに効果を発揮しま す。またレーザー光の波長が長く、皮膚の深部に到達することから、はりのあるお肌を取り戻し、キメを整えます。繰り返しの照射により、小じわや、美容外科 手術を受けるほど高度でないたるみ、毛穴の開きなどのお悩みにもアプローチします。

また、これまでレーザー治療は不適応で、できるだけ刺激を与えないことが必要であるとされてきた肝斑というホルモン性のシミにも、レーザー光がマイルドにお肌に均一にあたることにより、肝斑に刺激を与えることなく、症状が改善する症例も報告されており、今後その効果が期待されています。肝斑治療のトラネキサ ム酸の内服が困難な方にもお勧めです。

レーザートーニングは両側性遅発性太田母斑という、肝斑と時に鑑別の難しいものですが、美容皮膚科外来では実は頻度の高いシミに対しても効果を発揮しま す。両側性遅発性太田母斑というシミは、従来ではQスイッチルビーレーザーやヤグレーザーを強いパワーで照射する方法がスタンダード治療でした。これらの 治療は比較的強い痛みを伴い、施術後のカサブタから絆創膏が不可欠でした。この症状にはレーザートーニングでも繰り返しの治療を行い改善させることが可能 になりました。絆創膏が不要で、お顔の皮膚全体の美肌効果を得られることから、遅発性太田母斑の患者様にもお勧めの治療です。

レーザー光の照射そのものは軽くゴムをはじく程度の痛みです。また施術後にすぐメークも行っていただけますので、ダウンタイムの少ない治療としてお受け いただけます。

 

レーザートーニング治療の効果

レーザートーニング 施術風景

レーザートーニング施術風景|山本可菜子皮フ科クリニック東加古川院

  • シミ・そばかす
  • くすみ
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 肝斑
  • 両側性遅発性太田母斑様色素斑
  • 皮膚の老化
  • ニキビ跡の赤み・色素沈着

 

レーザートーニング治療の流れ

 

<レーザートーニング全顔>

 

レーザートーニング 治療費用

 (価格は税抜き表示)

対象キャンペーン実施中!詳しくはこちらをクリック

  部位 回数 価格
レーザートーニング
(ビタミンC誘導体イオン導入パック付)
お顔全体 1-3回目 25,000円
4回目以降 20,000円
インディバ+レーザートーニング
(ビタミンC誘導体イオン導入パック付)
お顔全体 1-3回目 30,000円
4回目以降 25,000円
レーザートーニング
(パック付)
手の甲及び指 1回 7,000円
トランスダーム +
レーザートーニング
(イオン導入+パック付)
お顔全体 1-3回目 33,500円
4回目以降 28,500円

 

治療について

・ 治療はパチパチとした刺激を感じます。 麻酔の必要はありませんが痛みが気になる方は医師にご相談ください。

・ 治療は1ヶ月から2ヶ月に1回の治療が効果的です

・ 治療後は数日間お肌が乾燥した状態になることがあります

・ 治療後、ごく稀にかゆみを伴う毛のう炎が出ることがありますが、一過性の反応 なので一週間前後で消失します

・ 治療後すぐにメイクをしていただけます

 

医療法人社団爽永会
山本可菜子皮フ科クリニック 東加古川院

〒675-0101
兵庫県加古川市平岡町新在家1丁目260-12 ハマダビル1F
TEL:079-424-0127 FAX:079-424-0147

Copyright© 2017 Kanako Yamamoto Laser and Cosmetic Dermatology Clinic All Rights Reserved.